2017年11月18日土曜日

麻植の系譜:願勝寺編(8)

麻植の系譜:願勝寺編(1)
麻植の系譜:願勝寺編(2)
麻植の系譜:願勝寺編(3)
麻植の系譜:願勝寺編(4)
麻植の系譜:願勝寺編(5)
麻植の系譜:願勝寺編(6)
麻植の系譜:願勝寺編(7)

 さて「願勝寺家系譜」に戻りますが、史料としては超一級でありますが、中途、皆様方の興味を引くような記載ではありません。
(手を叩いて喜ぶ人もいますけど(笑))
 で、説明なしで申し訳ないですけど二十代まですっとばします。

十三代忍海上人


了海上人上足の弟子なり俗姓は讃州香川郡笠居の人也

父真鍋又四郎祐宗下云平家一門下共に摂州一の谷合戦に一族真鍋五郎と同時討死し其妻源家の聞を恐れて阿波に来り一子宗千代了海上人に託し其身尼となり共行方も知れされは了海比孤を養育せしめ出家を逐させけるに適知識の大徳となり忍海上人の名四方に知らる年五十三にして生母に巡り遭ひ連帰り孝養を尽し天年を終へしむ国人皆其孝を称す

承久乱の頃麻植氏の一族阿波太郎入道淨心阿波三位信成鄉に同意し上方出勢して越後國願文山に塞を構へ閔東勢に打勝と雖東海東山両道の軍破れ将卒散々となるによつて三位殿伴類八千人を引て阿波國に婦り板東に大城を構へ四国勢を催す処北条左近将監四国へ渡り板東城を取囲む

依之一端防戰に及ふと雖終不叶千騎力原にて件類悉打死し信成郷も御腹召され阿川八郎佐々木中務等各落城して残らす

或は討たれ又戦場を遁れ身を隠せしものも皆尋出され夫々断罪行はるれ共願勝寺も落人を匿ひたりとて軍兵多く入来り寺中の僧俗を厳しく捕禁しむるの処

何者の所為にや本堂より火起り時に魔風吹て庫裏方丈護摩堂観音堂土蔵納屋物置の類残り少なく一日一夜三燒亡ふ衾也ける次第也

此時忍海上人は堂中にて水印を結ひたる故にや火に焼なから五体少しの捐ひもなく黒仏の如くなつて在りしを助け出し介抱を加へけれは終本快して後三年の寿を保ち貞応二年(1223)十月八日入寂す



十四代行智上人

俗性は麻植正径の次男也
幼年より忍海上人の弟子となり徳行世に知られたる智識なれは衆諸戮力して北条家に嘆訴し漸冤罪を解いて助成銀を請受諸方に勧化し僅十年の内に堂塔伽藍故の如く成就する事を得たり
且国守小笠原長房の祈願師となつて田畠千町の寄附に預り寺門の繁栄は反つて先代に超遇す京都より定肇力作の阿弥陀仏三尊の内の一軀を買得して帰て本尊とす
故に人猶其功を賞す


十五代行念上人

京師の人なり阿波へ来つて先住の譲りを受弘安四年(1281)蒙古襲來の時は勅命を奉て夷狄退治の祈祷をなす老京師に醍醐寺に偶居し終業を遂玉ふとなり

阿波国忌部郷木綿麻山山本にて読る歌は後世歌集に残り有けるを後人立石にほり付麻植の浜村にあり其歌に云
木綿麻山岩本菅の根によりて長き夜あかす浜千鳥哉



十六代行真上人


忌部大祭主麻殖親光の内室の弟にして北条遠江守在時の末子なり
鎌倉にて始禅宗なれ共後は真言門に入りて英知の聞へあるによつて親光求めて連帰り行念上人の跡を続かしめ当院の住職と定老年にしてご醍醐天皇の勅を奉し出家なからも四国中を巡回して大名小名多く南朝の味方たらしむ
貞和の比細川阿波守和氏か為に暗殺せらる



十七代浄真上人

俗姓は小笠原にして其長安と共に世に落魄して有けるか遂に出家となり行真師弟子となり在けるか
行真横死の後は当院の住職となる細川賴春公忌部十八坊にて長時の護摩をたかしめ大般若法華等購読仰付らるゝの時浄真上人も同しく武運長久の祈祷ら命せられ
是より阿波屋形細川公の祈祷寺となる


十八代真了上人


俗姓予州阿野家の人なり阿波へ来りて浄真師の弟子となり当院に住職す


十九代俊賀上人

始め讃州善通寺の弟子なりしか所縁を以て当院の弟子成遂に当寺の院主となる
俗姓は弘法大師の同姓佐伯助通の遠孫にして其国元山の住士佐伯弥六右衛門尉吉近の二子也と



二十代觉念上人

京師人也俗姓は平氏なりと雖二条家の猶子となりて仁和寺にて剃髪し東寺の灌頂院にて灌頂し且つ蘇悉地の法を受真言宗破戒無漸の僧を取正さんと四国に渡り先阿波国願勝寺を始として其他同宗の寺を仁和寺の末寺とし宗風を正しくするの処俊賀上人の依託によつ
て当院の住職となる
于時応永二十九年(1422)の春也阿波郡山の上の城跡に前城主大野氏の菩提の為大野寺を建立して大野平次信吉を始先代の先霊ら慰む
此時此地大野平次の霊魂人民を脳すによつて新在家なる西の岡にて平次信吉の墓を神に祝ひ平治権現と号し大野寺を別当と定む
其祭り怠りなきの故か平治信吉の霊反つて其地の守りとなれは郷民共に悦にて此神を崇信す、大野平次信吉と云は此郷の旧領主也しが割彊の論より事起り隣郷の城主伊沢氏の為に殺害せられ其地を失ひたる故に其怨念の残れども左も有へし後年其討たれたる処を平治村と云其谷川筋皆平治川原と号するも此権現の霊徳を恐れて也と云伝ふ


願勝寺歴代住職墓碑

そして、願勝寺歴代住職墓碑は、当然願勝寺にありますが、歴代本家(?)麻植氏はどこに祀られているかといえば。
麻植氏系図によりますと。


定光
麻殖太郎大夫
伊豫國岩屋ニ凶賊有唐戸丸ト云フ國民擾乱ス
久米山忌部氏族久米義基此賊ノ為ニ討タル定光憤リテ壱族共ニ此賊ヲ亡シ其首ヲ得ルト雖モ賊矢ノ為ニ疵ヲ受ケ久米山ニテ死ス
父荒人悲嘆ニ堪ス発心入道シテ名清高(たこ)ト云亡子定光ノ菩提ヲ弔ハント一寺ヲ建立シテ印部山定光寺菩提院卜号
是ヨリ此寺ヲ以テ麻殖氏歴世菩提所トシ墳墓地ト定

この「印部山 定光寺 菩提院」現在の一宇に現存しております。
 看板には「高天原係一族」と記載されております。
 麻植定光の名を以って「定光寺」。
印部山定光寺菩提院」と云うことは、ここも「忌部山」なのです。
 麻植定光以降の歴代忌部神社大宮司が祀られているのです。


うーん、猫の写真が尽きてきた

続く(けど次回が最後)