2017年6月12日月曜日

天日桂神社(下)

天日桂神社(上)からです。

さて、ここにスタンフォード大学のサイトがあります。
http://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41

明治時代の日本の五万分の一スケールの地図が見られる貴重なサイトです。
鴨島近辺を見れば、このように明治二十九年に初回の測量が行われたことが記載されております。

そして「向麻山」はご覧のように「鴻山(こうのやま)」とあります。
無論、呼称です。古伝をみても「俗に鴻山と書く」とありました。
漢字辞書を見ると
形声文字です(氵(水)+工+鳥)。「流れる水」の象形(「水」の意味)と
「握る所のある、のみ または、さしがね」の象形(「物を作る」の意味
だが、ここでは、「洪(コウ)」に通じ(同じ読みを持つ「圜」と同じ意味を
持つようになって)、「大きい」の意味)と「鳥」の象形から水の上や水の
近くで生活する大きな鳥「おおとり」を意味する「鴻」という漢字が
成り立ちました。 
とあるので、意味としてはあてはまります。
でも、この地図には「向麻山」に神社のマークは二つしかありません。
龍眼神社と國中神社ですね。
ここに「天日桂神社」が加わり、下図の伝承に当てはまるのなら「天日鷲命」は実在したと言ってもいいのかもしれないのではないでしょうかと思う今日この頃を過ごしております。
(さあ、なんとでも言え。ワタクシは、ここらをはっきり言わないヒキョー者なんですよぉぉぉぉぉぉぉ(笑))


で、ワタクシもちょっと勘違いしてたんですが「麻植塚」といえば、ほぼ「JR麻植塚駅」近辺を想像してしまうんですが(下地図参照)
実際はこのように「向麻山」の一部を含む範囲なのです。
なんと麻植塚駅は「麻植塚」じゃなかったんですね。
つまり「天日桂神社」と「天日桂神社」が斎く「方向」は「御陵のある」「麻植塚」に属する訳ですね。
念を押せば、この方向(笑)

「ここに天日鷲命の御陵あるや無きや」
それは、まだワタクシには分かりません。(←ヲイヲイ)
ただ

このような会が、静かに動き始めたのは事実なのです。
また、なんらかの進展があればワタクシのできる範囲でご報告したいと思っております。

(一旦)終わり。


あ、忘れ物
抜き差しならなくなったのではないでしょうか